ホーム > 健康診断

健康診断

健康診断を受けるとどうなるの?

健康診断を受けるとどうなるの?

病気は早い発見と予防が大切になるため検査で初期段階で治療することができます。
1年に1度は詳しく貴方の体のチェックをしましょう。

特定健診とは

問診、診察、身体測定(身長・体重・腹囲・BMI検査・肥満度検査)、血圧測定、貧血検査 (赤血球数・血色素量)、血液検査(中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、y-GTP、GOT、GPT、血糖、HbA1c)尿検査、心電図、眼底検査です。

受診した結果で、生活機能の低下が判定された方には、介護予防教室への参加をお勧めして生活機能の改善を目指します。

健康診断の種類

介護予防健診
介護予防健診

65歳以上の高齢者の方へ、身体衰弱や低栄養といった高齢に伴う生活機能の低下の早期発見を行うための健診です。
受診した結果で、生活機能の低下が判定された方には、介護予防教室への参加をお勧めして生活機能の改善を目指します。

大腸がん検診

大腸がん検診は検便を取っていただき、血の反応をチャックいたします。
陽性の場合は肛門もしくは腸から出血している可能性があります。
陽性と判断された場合は、精密検査をお勧めいたします。

肝炎ウィルス検診

肝臓がんの約9割は肝炎ウイルスが原因です。早期発見することで、治療が可能になり、肝臓がんを予防できます。

定期健診
定期健診

お仕事をされている労働者の方へ、法律により受診する検査項目が定められている健康診断です。元々は身長・体重などの身体的な診断が主な診断項目でしたが、近年ではそれらに加え生活習慣病関連の診断項目も追加され充実しています。

既往歴及び業務歴の調査、喫煙歴、服薬歴などの調査
自覚症状や他覚症状があるかの検査
身体測定(身長・体重・腹囲・BMI検査・肥満度検査)
胸部エックス線検査及び喀痰検査
血圧測定
貧血検査 (赤血球数・血色素量)
肝機能検査(GOT(AST)・GPT(ALT)・γ-GTP)
血中脂質検査(総コレステロール(旧)→LDLコレステロール(新)・HDLコレステロール・トリグリセリド(中性脂肪))
血糖値
心電図検査(安静時心電図検査)
尿検査(尿中の糖※4及び蚤白の有無の検査)

詳しいアクセスはこちら


大きな地図で見る

■所在地:
福岡県北九州市小倉南区葛原本町1丁目10−16
■診療時間:
月・火・木・金
9:00~12:30/14:00~18:00
水・土 午前のみ 9:00~12:30
■休診日:日曜日・祝日

詳しくはこちら